「愛され系の女性」に共通する特徴5パターン


どんな男性からも全方位的に評価の高い「愛され系の女性」には、いったいどんな魅力があるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『愛され系の女性』に共通する特徴」をご紹介します。

  • 【1】「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える

    「素直さって大事だし、自分のミスをちゃんと受け止めて謝れる子なら、何をされても嫌な気分にならない」(10代男性)など、どんな場面でも誠実に対応できる女性は、好感度が高いようです。「やってもらって当然」ではなく「ありがとう」を、「でもこっちにも言いぶんが…」ではなく、まずは「ごめんなさい」を言えるようになりたいものです。

  • 【2】「これ、手伝ってくれないかな?」とお願い上手である

    「女の子に頼りにされて悪い気がする男はいないし、こっちの懐に入ってきてくれるとうれしくなる」(20代男性)など、甘え上手な女性は、男性の自尊心を絶妙にくすぐるようです。何かしてもらったら、すかさず「ありがとう!○○くんのおかげで助かったー!」と笑顔でお礼を言うようにすると、次からも快く引き受けてもらえるでしょう。

  • 【3】いつも上機嫌でニコニコ笑っている

    「不機嫌でブスッとしてる女よりも、笑顔が素敵な子のほうが一緒にいて楽しいのは当たり前です」(10代男性)など、そこにいるだけで場の空気が明るくなるような女性は、男性陣からありがたがられる存在のようです。「あなたはいつも楽しそうだね」と言われるレベルのニコニコ加減を目指したいところです。

  • 【4】「○○くんってすごいねー」と絶妙なタイミングで男を立てる

    「『私が、私が』と出しゃばらずに、ここぞという場面では男に活躍させるような子は最強です」(20代男性)など、男性の「見せ場」を作ってあげられるような気遣いも歓迎されるようです。おだてに弱い男性は多いので、掌の上で転がすくらいの気持ちでうまく立ち回りましょう。

  • 【5】「やったー!うれしー!」と些細なことでも全身で喜びを表現する

    「ティッシュをくれたお礼に小さな飴をひとつあげただけで『ありがとう!』とピョンピョン飛び跳ねる、みたいな」(20代男性)など、感情表現が豊かな女性も、男性を萌えさせるようです。喜怒哀楽のなかでも、とりわけ「喜」「楽」というポジティブな気持ちを笑顔いっぱいに表現できるといいでしょう。

すぐに変身するのは無理でも、できることから少しずつ身に付けていくと、「愛され系女性」になれるかもしれません。(田中健斗)
Photo:All images by iStock