「付き合ったら重そう…」と男性に警戒される告白のセリフ5パターン


大好きな人に想いを打ち明けるときは、誰だって言葉を吟味するもの。しかし、凝りすぎた表現や常軌を逸した態度のせいで、まっすぐに気持ちが伝わらず、むしろドン引きされるケースもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『付き合ったら重そう…』と男性に警戒される告白のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「あなたほど愛せる人にはもう出会えない」と大げさである

    「そのくらい好きだと言いたいんでしょうけど、こっちはまだそこまでの覚悟はないので、ズッシリ重い…」(20代男性)というように、大仰な表現を用いたせいで、男性を及び腰にさせてしまうパターンです。芝居がかった言い回しよりも、「本当に大好きなんです」とストレートに伝えたほうが好感度は高いかもしれません。