プレゼント選びのセンスがなさすぎる彼氏への対策5パターン

  • 【5】「せっかくのプレゼントだから私に選ばせて」と一緒にお店に行く

    「『私が使うものだから自分で決めさせて』と説得しました」(20代女性)など、いっそ一緒に買いに行ってしまうパターンです。倹約家の彼氏であれば、「選んでくれたのが好みのものじゃなかったら無駄遣いになる」と、「もったいない」という切り口で言い含めると、すんなり受け入れてもらえるかもしれません。

彼氏を傷つけることなく希望のプレゼントを手に入れられるよう、上手に立ち回りましょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock