「友達の元カレ」と付き合うことになったときの注意点5パターン

縁あって付き合うことになった男性が、自分の友達の元カレだったら…。やましいことは何もなくても、やはりどこか気が重くなってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『友達の元カレ』と付き合うことになったときの注意点」をご紹介します。

  • 【1】念のため、友達と別れた経緯を彼氏に確認する

    「二人の別れ方次第では、交際自体を考え直したほうがいいかも」(10代女性)というように、どうして別れてしまったのかは、一度きちんと聞いておいたほうがよさそうです。「彼氏の浮気が原因」「理不尽な理由で彼氏のほうから振った」などであれば、友達のほうにも裏を取って、交際をスタートさせるかどうか改めて検討したほうがいいでしょう。
  • 【2】すぐに友達に連絡して、「あなたの元カレと付き合うことになった」と伝える

    「時間が経ってから噂が耳に入るくらいなら、自分から直接話したほうが誤解も少ない」(10代女性)など、時間を置かずに友達に連絡して、交際を報告したほうがいいという意見です。故意に隠していたと見なされると、「自分と付き合っているときから裏でつながっていた」などとあらぬ誤解を招く恐れもあるので、早めに直接伝えたいところです。