好きな人に振られても、諦めずにもう一度だけアタックしたほうがいい理由5パターン

一度は告白してきっぱりお断りされた相手であっても、もう一度アタックしたほうがいい場合があるようです。諦めずに想いをぶつけたほうがいい理由には、どんなことが考えられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「好きな人に振られても、諦めずにもう一度だけアタックしたほうがいい理由」をご紹介します。

  • 【1】一度目の告白で、自分のことを意識してもらっているかもしれないから

    「最初の告白で初めて顔と名前を知ってもらったレベルなら、そこがスタート地点になると考えてもいいのでは?」(10代女性)というように、一度目の告白がほぼ「自己紹介」で終わってしまったのであれば、改めて意向を聞いてみてもいいかもしれません。自分の存在を認識してくれたうえで、やはりNOという返事であれば、引き下がるしかなさそうです。
  • 【2】好きな女性に彼氏ができるなど、相手の恋愛事情が変わっている可能性があるから

    「前に振られた理由次第では、相手の状況が変わっていることも考えられそう」(10代女性)というように、前回の「お断り」の理由が「ほかに好きな人がいるから」などであれば、相手の女性との関係次第でチャンスも期待できそうです。ただし、こればかりは他力本願になってしまうので、努力次第で潮目を変えられるわけではないでしょう。