「この女、小悪魔じゃなくて本物の悪魔だ!」と背筋が凍った瞬間5パターン

男性の気持ちを軽く揺さぶる程度の「小悪魔」なら、まだ魅力的だと思ってもらえますが、極悪非道な「本物の悪魔」とみなされてしまうと、モテるどころか、誰も近寄ってこなくなるもの。では、どのようなことをすると、「本物の悪魔」の烙印を押されてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『この女、小悪魔じゃなくて本物の悪魔だ!』と背筋が凍った瞬間」をご紹介します。

  • 【1】SNSで周囲の人たちの悪口を言いまくっているのを知ったとき

    「知り合いのフォローをたどっていて、偶然裏アカを発見。『親友』を糞ブス呼ばわりしていてドン引き」(10代男性)というように、バレないだろうと高をくくって吐いた毒が、明るみになってしまったケースです。そもそも人の悪口を言わないのが一番ですが、どうしても吐き出したいなら、アカウントには鍵を掛けるのが基本でしょう。