「二度目のデート」で無事に交際に持ち込むための作戦5パターン

  • 【5】「春になったら菜の花畑を見に行こう」など、先の予定まで強引に決める

    「三度目も四度目もデートがあることを前提にして話を進めると、向こうもその気になるのでは?」(20代女性)というように、先々のデートの内容までどんどん決めてしまうと、さすがに「この人は俺と付き合うつもりでいるな」と気づいてもらえそうです。とはいえ、自分だけ先走っても変な空気になってしまうので、相手の反応は確かめましょう。

二度目で交際が決定しなくても、三度目には相手も決断してくれるかもしれません。諦めずに勝機を待ちましょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock