「もう交際は確実!!」と思い込んでいる男性への断り文句5パターン


気を持たせるような態度を取った覚えはないのに、ちょっと話が弾んだだけで、「こいつは俺に気がある」「もう一押しで付き合えそう」などと勘違いしてしまう男性は、少なからずいるもの。期待たっぷりにアプローチされた場合、どんな手を使うと「その気はない」ことがわかってもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『もう交際は確実!!』と思い込んでいる男性への断り文句」をご紹介します。

  • 【1】「今は仕事に集中したいの」と、決して相手が悪いわけではないことにする

    「『しばらく仕事が正念場だから…』と言って多くを語らなければ、徐々に離れていってくれるはず」(20代女性)など、「恋愛よりも大事なことがある」というニュアンスで、角を立てずに距離を置くパターンです。「部活」「勉強」など、説得力のある「大事なこと」を挙げれば、相手も、納得せざるを得ないのではないでしょうか。

  • 【2】「いいお友達でいられそうで、うれしいな」と、恋愛対象ではないことを告げる

    「『女友達といるみたいにラク』とか、とにかく異性として考えられないことをほのめかします」(10代女性)など、あえて「友達」であることを強調すると、その裏にある「異性として意識していない」という意味を汲み取ってもらえるかもしれません。「居心地がいい」「親友になれそう」など、いくつかの表現を使い分けるといいでしょう。

  • 【3】「あなたには○○な人が合いそう!」と、自分と正反対のタイプを挙げる

    「私はしっかり者っぽいキャラなので、『天然な子と相性がよさそう』と言って、あとは冷たくします」(20代女性)など、恋愛の土俵に上がる気がないことをさっさと表明してしまう手もあります。そのうえで、「私は白衣が似合う理系男子が好き!」などとその人とは違うタイプを好みだということにしてしまえば、ダメ押しにはなりそうです。

  • 【4】「もう2年も好きな人ができなくて」と、その人に対しても恋愛感情がないことを察してもらう

    「『あなたに』ではなく『誰にも』恋愛感情がないことにしてしまうと、そこで話が終わるのでは?」(20代女性)など、「自分のほうには好意がない」ことを、「今は恋愛していない」という言い回しで伝える人もいます。よほど鈍感な男性でない限り、「付き合う直前だと思っていたのは俺のほうだけだったのか」と察してくれるでしょう。

  • 【5】「片想いしてる人がいるんだ」と、ほかに意中の男性がいることにする

    「『実は好きな人がいる』とはっきり言えば、さすがに諦めてもらえるはず…」(10代女性)など、「ほかに想い人がいる」という言葉を突きつけて、交際を諦めてもらうケースです。とはいえ、諦めの悪い男性には、「好きな男って誰?」「俺じゃダメなの?」と食い下がられるおそれもあるので、その場合の対策も考えておいたほうがいいかもしれません。

相手の男性との関係性によって、ベターな方法を考えましょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock