「もう交際は確実!!」と思い込んでいる男性への断り文句5パターン

気を持たせるような態度を取った覚えはないのに、ちょっと話が弾んだだけで、「こいつは俺に気がある」「もう一押しで付き合えそう」などと勘違いしてしまう男性は、少なからずいるもの。期待たっぷりにアプローチされた場合、どんな手を使うと「その気はない」ことがわかってもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『もう交際は確実!!』と思い込んでいる男性への断り文句」をご紹介します。

  • 【1】「今は仕事に集中したいの」と、決して相手が悪いわけではないことにする

    「『しばらく仕事が正念場だから…』と言って多くを語らなければ、徐々に離れていってくれるはず」(20代女性)など、「恋愛よりも大事なことがある」というニュアンスで、角を立てずに距離を置くパターンです。「部活」「勉強」など、説得力のある「大事なこと」を挙げれば、相手も、納得せざるを得ないのではないでしょうか。