「男としてのプライド」をズタズタに傷つけるセリフ5パターン

「男」とは、女性が思う以上に繊細な生き物のようです。悪気なく放った一言のせいで再起不能なほど落ち込ませたくなければ、「言ってはいけないセリフ」を覚えておいたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『男としてのプライド』をズタズタに傷つけるセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「その収入で生活できるの?」と経済力を心配する

    「事実だとしても、お金のことを言われるのはいちばんキツイ」(20代男性)など、「甲斐性」について言及されることは、女性が思う以上に「男の沽券」にかかわるようです。揶揄するニュアンスではなく、心から案じているのだとしても、むしろ傷口に塩を塗り込む結果になりかねないので、わざわざ触れる必要はないでしょう。