「面倒なことになりそう」と男性を尻込みさせるデートの誘い文句5パターン

5 Date Invitations That Make Men Recoil

  • 【3】「全部こちらで計画しますし、お金も出しますのでなんとか…」と、低姿勢すぎる

    「『お膳立てするから付き合ってくれ』みたいなのは、宗教やマルチの勧誘を疑ってしまう」(20代男性)など、はなから子分のように立ち回ってしまうのも、あらぬ憶測を呼んでしまうようです。ついつい何でも引き受けてしまう「後輩体質」の人も、好きな男性を誘うときくらいは堂々とした「一人の女」として振る舞いたいものです。
  • 【4】「とりあえず顔だけ貸してくれればいいんで!」と、真意がよくわからない

    「何かの頭数合わせなのか、ドッキリなのか、目的がわからなすぎて困惑する」(10代男性)など、「デートがしたい」という意図が伝わらず、気まずいムードを招くケースです。こちらに好意があることを相手がまったく想定していない場合は、話がややこしくなってしまうので、お誘いの時点でそれっぽいニュアンスは匂わせたほうがよさそうです。