「面倒なことになりそう」と男性を尻込みさせるデートの誘い文句5パターン

5 Date Invitations That Make Men Recoil

好きな男性をデートに誘うときは、誰だって緊張するもの。だからといって「切り出し方」をミスってしまうと、取り返しのつかないことにもなりかねないので、誘いの言葉は練りに練っておいたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『面倒なことになりそう』と男性を尻込みさせるデートの誘い文句」をご紹介します。

  • 【1】「私なんかと一緒じゃ嫌かもしれませんが…」と、やたら卑屈に誘う

    「『私と二人で食事なんて罰ゲームみたいですよね』って、なんでそこまで自虐的なのか理解に苦しむ」(20代男性)など、自己評価の低さが垣間見られる誘い文句で、訝しく思われるパターンです。好きな相手を神格化しすぎて自分を卑下してしまうのだとしても、やりすぎると奇怪に映るので、程度を考えましょう。