実はやめてほしいと思っている「彼女の口癖」5パターン

5 Signature Lines That Men Would Rather Not Hear

自分としては、とくに意識することなく発している「口癖」のせいで、彼氏に嫌われてしまうとしたら心外でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「実はやめてほしいと思っている『彼女の口癖』」をご紹介します。

  • 【1】「ていうかさー」と否定の切り口で話をすり替える

    「最初は『自分の意見を持ってる賢い子だ』と思ってたけど、否定した挙句に『私の話』に持っていってしまうので、だんだんウザくなってきた」(20代男性)というように、いちいち「ていうか」と言い換える癖は、彼氏に嫌がられているようです。口を挟みたくなってもぐっとこらえて、相手の話を最後まで聞くようにしたいところです。
  • 【2】すべての感想を「ウケるー!」の一言で済ませる

    「たまに『おまえ、それほんとにウケてるの?』と突っ込みたくなります」(10代男性)というように、何でも「ウケる」でまとめるボキャブラリーのなさも、彼氏に呆れられているようです。せめて「びっくり」「おもしろい」「信じられない」「すごい」など、感情の動きを示す言い回しに細分化したほうが、会話もつながりやすくなりそうです。