「二度目のデートはないな」と思っている女性への別れ際の言葉5パターン

5 Ways to Say Goodbye After A First Date That Didn’t Go Well

「彼氏候補」の男性と二度目のデートをして、こちらはそれなりに楽しんだとしても、相手もそう考えているとは限りません。「デートはもうこれきりにしよう」と思っている男性は、別れ際にどんなサインを出すのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『二度目のデートはないな』と思っている女性への別れ際の言葉」をご紹介します。

  • 【1】「次はみんなで遊ぼうねー」と二人きりをやんわり回避する

    「このタイミングで『みんなで』と強調することで、察してもらいます」(10代男性)など、「二人で会う」という前提を打ち消すことで、「デートはこれきり」と匂わせるパターンです。映画やプラネタリウムなど、デートっぽいお出掛けを提案しても、かたくなに「みんなでバーベキュー」などを持ち掛けられるようなら、真意は推して知るべしでしょう。
  • 【2】「暇なときがあったら声掛けるねー」と女性からの連絡を牽制する

    「もうデートする気がないからこそ、こちらが主導権を握ってしまったほうがいい」(20代男性)など、女性側から次の誘いを受けることがないよう、予防線を張ることで「デートはこれきり」と匂わせるパターンです。「連絡は俺のほうから」に強いこだわりを見せられるようなら、こちらからの連絡を迷惑に思っていると判断してもよさそうです。