やっぱり好きだ!彼女に惚れ直した「ケンカのあとの一言」9パターン

彼氏とケンカしたあとは、一応仲直りできたとしても、なんとなく居心地の悪さを感じてしまうもの。とはいえ、そんな重たい空気の中で、相手をキュンとさせる言葉を口にしたら、一転して「やっぱりコイツしかいない!」と愛おしく思ってもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「やっぱり好きだ!彼女に惚れ直した『ケンカのあとの一言』」をご紹介します。

  • 【1】「ごめんなさい…」とシュンとした顔で自分から謝罪する

    「涙目で謝られて、思わず抱きしめたくなった」(20代男性)というように、率先して自らの非を認めると、彼氏の胸にあったわだかまりなどは、すぐさま消えてしまうようです。とはいえ、たいしたケンカでもないのに平身低頭で詫びるのは、わざとらしいのでやめておきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)