「鈍感すぎる男」でも好意に気づいた女子からのアプローチ9パターン

熱い視線を浴びせたり、思わせぶりな言葉を掛けても、なかなか好意に気づいてくれない男性は少なくありません。そんな「超鈍感男」でも、「あれ、もしかして俺のこと好きなの?」とピンとくるのは、どんなアプローチを受けたときなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『鈍感すぎる男』でも好意に気づいた女子からのアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】たいして親しくないのに「連絡先を教えて」と迫られる

    「女の子からLINEを聞かれたのははじめてだったので、ひょっとしたら…と思いました」(20代男性)というように、自分から積極的に連絡先を聞くことで「脈アリ」をアピールするパターンです。駆け引きは通用しない相手なので、ストレートに切り出したほうがいいでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)