彼女に対するモヤモヤが「別れよう」に切り替わった決定打9パターン

  • 【5】「女上司と本当に何もないの?」と絶対にあり得なさそうな相手とまで浮気を疑った

    「見当違いな勘繰りがウザかった」(20代男性)というように、嫉妬のあまり、周囲の女性との関係に片っ端から探りを入れるのも、彼氏を面倒な気持ちにさせるようです。「きれいな人が周りにいると心配」くらいのかわいいヤキモチにとどめたいものです。
  • 【6】「きゃー、かわいい!」と赤ちゃんに笑顔を見せていたはずが、小さく舌打ちしていた

    「一緒に家庭を築くのは無理かなと思いました」(20代男性)など、子どもが苦手なことを見抜かれて、結婚相手には不向きと判断されてしまうパターンです。子ども好きなフリをする必要はありませんが、あからさまに態度に出すのは避けましょう。