彼氏に結婚を決意させる「母性本能アピール」9パターン

  • 【7】「育児放棄されたパンダ」など、かわいそうな動物の赤ちゃんに真剣にエールを送る

    「愛が深い人だ!と尊敬してしまった」(10代男性)というように、小さな命に向けた眼差しに「母の愛」を見て、一目置くようになる男性もいます。動物愛護が結婚に直結するわけではないので、その辺は見誤らないようにしましょう。
  • 【8】子どもが巻き込まれた悲しい事件に「ひどい…」と本気で胸を痛める

    「事件に怒りを覚えながらも、彼女の母性に心を惹かれた」(20代男性)というように、子どもに関連するニュースの受け止め方も、彼氏に観察されているようです。わざとらしく触れる必要はないので、感じたことを正直に明かしましょう。