【彼氏の浮気防止】ちょっと待て!浮気しそうな自分にブレーキをかけた「彼女の言葉」5パターン

5 Comments That Halt His Temptation to Cheat on Her

どんなに彼氏を信じていても、頭のどこかで「浮気」の心配をしてしまう人は少なくないでしょう。「つい魔が差して」という瞬間に彼氏を思いとどまらせるには、あらかじめ「魔法の言葉」をかけておくといいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「【彼氏の浮気防止】ちょっと待て!浮気しそうな自分にブレーキをかけた『彼女の言葉』」をご紹介します。

  • 【1】「あなたのこと、信じてるからね」と全幅の信頼を寄せる

    「まっすぐな目で『信じてる』と言われたら、裏切るなんてできないなと思ってしまう」(10代男性)など、「信頼」を言葉にして伝えておくと、浮気のいい抑止力になるようです。しつこく何度も言うと、むしろ「俺のことをそんなに信用していないのか?」と思われてしまうので、ここぞというときに1回のみ、彼氏の目を見つめてささやきましょう。
  • 【2】「いつも頼りにしてます。ありがとう!」と感謝の気持ちを述べる

    「自分の存在を頼りにしている彼女を悲しませるわけにはいかないですよね」(20代男性)など、「ありがとう」の言葉を彼氏の脳裏に焼き付けておくと、ふと魔が差した瞬間にも罪悪感がもたげてくるようです。日ごろから、彼氏のちょっとしたやさしさに触れるたびに感謝を口にするようにすると、絆もどんどん深まっていくでしょう。