「女」として見ていなかった相手が恋愛対象になった瞬間5パターン

気になる男性が自分を「異性」として見てくれていなかったら、いつまで経っても関係は進展しません。一刻でも早く「女」として意識させる必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『女』として見ていなかった相手が恋愛対象になった瞬間」をご紹介します。

  • 【1】自分なんかに興味がないだろうと思っていたら、いきなり優しくされたとき

    「えっ、なんで俺に優しくしてくれんの?と思った瞬間に恋に落ちました」(10代男性)というように、意外な相手から親切にされて、急に意識してしまうパターンです。顔見知りではあるものの、あまり接点はない男性とお近づきになりたい場合は、「何か手助けをしてあげる」というのが手っ取り早い方法かもしれません。