「どうせ続かないでしょ」と周囲に冷ややかな目で見られているカップル5パターン


自分では「これが人生最高の恋」だと思ってお付き合いしているのに、周囲から「すぐに別れそう」と思われているとしたら、不本意でしょう。では、どんなカップルが「長続きしない」と予想されてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『どうせ続かないでしょ』と周囲に冷ややかな目で見られているカップル」をご紹介します。

  • 【1】飲み会などの席で意気投合し、ノリで付き合い始めたカップル

    「深く考えずに付き合い出しても長続きするはずがない」(20代女性)など、勢いだけで交際を始めてしまうカップルは、「勝手にやってろ」程度に軽視されてしまうようです。とはいえ、最初こそ適当であっても、そこから「真実の愛」が育まれる可能性はゼロではないので、それなりに真面目にお付き合いする価値はあるでしょう。

  • 【2】人前で平気でイチャイチャするなど、行動に見境がないカップル

    「SNSに写真をアップしまくるカップルも危険ですね」(10代女性)など、自分たちの行動を客観視できずにいるのも、危険信号と見なされるようです。夢中になるのはわかりますが、熱に浮かされた恋ほど冷めやすいのも事実なので、せっかくの縁を大事にしたいのであれば、努めて冷静でありたいものです。

  • 【3】お互いに「初めて」同士で、恋に恋している状態のカップル

    「いい歳になるまで付き合ったことがない人同士だと痛すぎて目も当てられない」(20代女性)というように、「初めて」同士で盛り上がる恋は、本人たちが思うほど周囲に応援してもらっているわけではないようです。友達にのろけ話をしたくなっても、5回のうち4回はガマンするなど、ある程度は自制したほうがいいでしょう。

  • 【4】相手のステイタスなどが目当ての、利害関係で結ばれているカップル

    「『モデルと実業家』みたいな組み合わせは、互いにスペックに釣られてるだけで、絆は薄そう」(20代女性)というように、第三者の目には「打算的」と映ってしまう交際だと、温かい目で見守ってもらうのは難しいかもしれません。二人の愛に嘘がないことを証明したいのであれば、時間をかけて実績を積み上げるしかなさそうです。

  • 【5】不倫略奪など、障壁があったからこそ燃え上がってくっついたカップル

    「試練がなくなったとたんに愛情が冷めるのってよくあることだと思います」(20代女性)というように、ドラマチックな経緯でくっついただけに、その反動ですぐに終わると見なされているパターンです。特に「元のパートナーからの略奪」などは、必ずしも応援されるわけではないので、理解を得られなくても受け入れましょう。

「まわりにどう思われているか」が見えないカップルは多いので、気になるようなら、信頼できる女友達に本音を聞いてみるのもいいでしょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock