ひそかに「天使だ…」と憧れていた女の子への幻想が崩れ落ちた瞬間5パターン

  • 【2】誰かとの電話でガラの悪い口調でしゃべっているのを聞いてしまったとき

    「『ギャハハハ、そいつキモすぎ、死ねばいいのに』みたいなノリで誰かの悪口を言ってて品のないことこの上なかった」(20代男性)など、友達との会話で「いつもの自分」がバレてしまうのもバツが悪そうです。誰が相手であれ、日ごろから丁寧な言葉遣いを心掛けるようにすると、うっかりボロを出す危険も減るのではないでしょうか。