ひそかに「天使だ…」と憧れていた女の子への幻想が崩れ落ちた瞬間5パターン

「かわいい子」「清楚な子」「純真な子」といったイメージを保ってきたはずなのに、何かのきっかけでそれが崩れてしまったら、不本意にもほどがあるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「ひそかに『天使だ…』と憧れていた女の子への幻想が崩れ落ちた瞬間」をご紹介します。

  • 【1】服の裾をまくってボリボリと脇腹を掻きむしる姿を見たとき

    「素の彼女はそこらへんのおばちゃんと変わらないと知ってショックを受けました…」(10代男性)など、誰も見ていないと思ってやってしまった仕草のせいで、男性にショックを与えるパターンです。一度イメージが悪くなると挽回するのは難しいので、「気の緩み」で取り返しのつかない失敗をすることがないように気を付けましょう。
  • 【2】誰かとの電話でガラの悪い口調でしゃべっているのを聞いてしまったとき

    「『ギャハハハ、そいつキモすぎ、死ねばいいのに』みたいなノリで誰かの悪口を言ってて品のないことこの上なかった」(20代男性)など、友達との会話で「いつもの自分」がバレてしまうのもバツが悪そうです。誰が相手であれ、日ごろから丁寧な言葉遣いを心掛けるようにすると、うっかりボロを出す危険も減るのではないでしょうか。