デート中に彼氏をウンザリさせる「愚痴っぽい一言」9パターン

  • 【7】好きな料理を聞いて入った店で「頼みたいものが何もない」

    「生パスタが食べたいっていうから評判の店を探したのに!」(10代男性)というように、前言を撤回したことで彼氏をカチンとさせるパターンです。がんばってお店を探した可能性もあるので、頼みたい料理が見当たらなかったとしても、何か食べられそうなものを注文するのが礼儀でしょう。
  • 【8】ムードある2軒目に誘おうとすると「つまんなかったからもう帰る」

    「いい雰囲気だと思っていたのは自分だけ?一日が否定されたように感じる」(20代男性)など、その日のデートを全否定する一言で興ざめさせるケースです。早めに切り上げたい場合は、門限や翌日の仕事を理由にソフトに伝えたほうがいいでしょう。