デート中に彼氏をウンザリさせる「愚痴っぽい一言」9パターン

デート中に、彼氏がいきなり憮然とし出したら、それは不注意な一言が原因かもしれません。せっかくの楽しいムードに水を差したくなければ、どんなセリフが禁句なのか覚えておいたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「デート中に彼氏をウンザリさせる『愚痴っぽい一言』」をご紹介します。

  • 【1】待ち合わせでため息をついて「超だるいんだけど」

    「開口一番それかよ!とテンションがだだ下がり」(20代男性)というように、デートの始まりからやる気のない態度を見せられて、不快感を覚える男性は多いようです。体調が悪かったらあらかじめ連絡しておくなど、前もって一言あったほうが彼氏も心構えができるでしょう。
  • 【2】顔を合わせた瞬間に「その服装、もう少しどうにかならなかった?」

    「気合い入れてきたつもりなのに…」(10代男性)というように、ファッションにダメ出しをされてプライドが傷つくケースです。違和感があっても、よほどひどくない限り、「この組み合わせも新鮮だけど、次は白っぽいインナーのほうがいいんじゃない?」などとやんわり指摘する程度に留めましょう。