「別れよう」を「やっぱりやり直そう」に変える捨て身の行動9パターン

愛する彼氏から突然別れを告げられたら、ショックで頭の中が真っ白になってしまうもの。とはいえ、どんなことをしても彼氏をつなぎ留めたいのであれば、最後にもうひと踏ん張りしてみても、損はないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『別れよう』を『やっぱりやり直そう』に変える捨て身の行動」をご紹介します。

  • 【1】「わがままばかり言ってごめんなさい」と素直に謝る

    「彼女の言葉に嘘はないと思いました」(10代男性)というように、これまでのことを率直に謝罪して、彼氏の気持ちを動かすパターンです。特に、勝手ばかり言っていた自覚があるようなら、まずは策を弄することなく真正面から臨む正攻法が良さそうです。
  • 【2】「もう2度とあなたみたいな人には会えないと思う」と持ち上げる

    「そう言われると、自分も彼女みたいな女の子には会えないような気がしてきた」(20代男性)など、お互いが運命の相手だと印象付けて、彼氏の翻意を促す作戦です。いかに自分たちの気が合うのか、過去のエピソードを交えて列挙すると、説得力が増しそうです。