ただの口論が修羅場に発展!!彼氏との喧嘩でNGな態度9パターン

  • 【5】テレビを見ながら生返事であいづちを打つ

    「聞いていないのが明らかな態度に心底ガッカリ」(10代男性)など、上の空で対応して幻滅されるパターンです。口論が始まったら、テレビなど気を取られそうなものはオフにし、相手の目を見ながら話すといったルールを決めておいてもいいかもしれません。
  • 【6】2人の思い出のアイテムを破壊する

    「ヒステリックな振る舞いに恐怖。何も思い出の品に当たらなくても…」(20代男性)というように、口より先に手が出る態度に恐怖を覚える男性もいるようです。怒りをアピールしたくなっても、物に当たるのではなく、話し合いで収めるのが大人の振る舞いでしょう。