気持ちが冷めかけていた彼女への愛情が再燃したきっかけ5パターン

どんなカップルにも「停滞期」は訪れるもの。では、世間の男性が「やっぱり彼女が好きだ」とかつての情熱を取り戻すきっかけには、いったいどんなものが挙げられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「気持ちが冷めかけていた彼女への愛情が再燃したきっかけ」をご紹介します。

  • 【1】手料理を作ってもらったら、びっくりするほどおいしかった

    「『小腹が空いたね』って冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと作ってくれたチャーハンがうまくて惚れ直しました」(20代男性)というように、胃袋をつかまれるパターンです。交際の「熱」が冷めつつあることを察したら、彼氏の得意料理を猛特訓して、「この味が一番!」と刷り込んでしまいましょう。
  • 【2】嫌なことがあって落ち込んでいたら、そっと隣で寄り添ってくれた

    「長く一緒にいる相手だけに、気分が沈むときにどうしてほしいかわかってくれてるんだなと実感しました」(20代男性)というように、凹んでいるときの対応ひとつで、価値を再確認してもらえることもあるようです。「だから前にも言ったでしょ」などと叱責するのではなく、彼氏がほっとできる居場所を作ってあげたいところです。