嫉妬深い彼氏の不安をかき消す「魔法の言葉」9パターン

彼氏がヤキモチを焼いたり、いちいちあなたの動向を気にするのは、愛情の証かもしれませんが、度の過ぎるジェラシーは少々鬱陶しいものです。では、嫉妬深い彼氏を落ち着かせるには、どんな言葉を掛けてあげるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「嫉妬深い彼氏の不安をかき消す『魔法の言葉』」をご紹介します。

  • 【1】「あなたが一番だから」とナンバーワンを強調する

    「彼女がモテる子だと、常にほかの男に奪われるんじゃないかと危機感にさらされるから、一番だと認めてもらえるとうれしい」(10代男性)というように、自分に自信の持てない彼氏には、「あなたが一番だ」とはっきり言ってあげることが何よりの薬になるようです。改まって伝えるより、何気ない場面で口にしたほうが心に刺さるかもしれません。
  • 【2】「一緒にいるとほっとするよ」と安らぎを伝える

    「本音がのぞけた感じですごく安心する」(20代男性)というように、二人でいるときの心地よさを告げて、現在の関係に満足していることを知らしめるパターンです。バイトや仕事などですれ違いが多くなっているときこそ、このような言葉で心配性の彼氏を落ち着かせたいものです。