甘えてほしいのに…。年下の彼女に物足りなさを感じる瞬間9パターン

  • 【7】誕生日に行きたいお店を聞いても、なかなか切り出してもらえないとき

    「冗談でもいいから『特上のお寿司!』とか要求してくれたらいいのに…」(30代男性)というように、遠慮して「行きたいお店」などをはっきり言わないのも、彼氏をもどかしい気持ちにさせてしまうようです。どうしても決められないのであれば「お任せするね!エスコート楽しみだな」と自尊心をくすぐる言い方で頼るのもよさそうです。
  • 【8】ほかの人には相談するくせに、自分には何も話してくれないとき

    「悩みも打ち明けてくれないし、自分の存在って何?と悲しくなります」(30代男性)など、「相談相手」に選んであげなかったせいで、年上の彼氏が拗ねてしまったケースです。「年下でも、ちゃんとしなきゃ」と肩ひじを張るのではなく、彼氏の「年の功」を信じてアドバイスを求めましょう。