デート中の気まずい沈黙を打ち破る一言9パターン

まだ交際に至らないカップルの場合、回数が浅めのデートでは会話が途切れてしまうことも珍しくありません。そんなとき、気まずい沈黙を乗り切るにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「デート中の気まずい沈黙を打ち破る一言」をご紹介します。

  • 【1】「雨降らなくてよかったね」と無難な天気の話題を振る

    「暑いとか寒いだけでも話のきっかけになる」(10代男性)というように、どんなときでも迷わず切り出せる話題で沈黙を解消する作戦です。「そうだね」と返されてしまったら、そこでやりとりが終わらないように、「すごく暑いのとすごく寒いのと、どっちが苦手?」などと会話を展開させましょう。