彼女の「子ども大好き!」が嘘だとわかった決定的なシーン9パターン

「早くお母さんになりたいな」と家庭的な面を強調する女性が、必ずしも「子ども好き」であるとは限りません。結婚を意識した嘘の可能性もあるので、慎重に見極めたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼女の『子ども大好き!』が嘘だとわかった決定的なシーン」をご紹介します。

  • 【1】「抱っこさせてー」と言いながら赤ちゃんに手を伸ばそうとしなかったとき

    「よだれがつくのがイヤだったみたいです」(20代男性)というように、子ども好きがポーズだけなのは、スキンシップの取り方から即座にバレてしまうようです。「あくしゅしてもいい?」と控えめに赤ちゃんの手だけを握る程度が無難かもしれません。
  • 【2】「いくつ?」と立ったまましゃがまずに子どもに話しかけていたとき

    「目線を合わせるのは子どもを相手にするときの基本なのに」(20代男性)など、子どもの身になってコミュニケーションを図れないところに、男性は嘘を感じるようです。面倒でも、しゃがんで子どもと同じ目線で会話したいところです。