元カレをストーカー化させてしまった「禁断のセリフ」9パターン

交際を終えてお別れするときに、リップサービスのつもりで投げかけた言葉がきっかけで、男性がストーカー化してしまうことがあります。元カレとのお付き合いを良い思い出としてしまっておきたいのであれば、不用意な発言は慎んだほうがよいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「元カレをストーカー化させてしまった『禁断のセリフ』」をご紹介します。

  • 【1】「別れるのは嫌いになったからじゃないの」

    「異性として見られなくなったってことなんだけど、『じゃあ、まだ好きなんだ』と誤解されてしまったみたいで…」(20代女性)というように、嫌いではないと伝えてしまうパターンです。ここは「もう友達や家族みたいな感じ」と表現したほうがよいでしょう。