作戦失敗!?好きな男性が予想以上に鈍感だったエピソード9パターン

「好意がバレバレでも構わない!」くらいの勢いでアプローチを仕掛けたのに、相手にまったく響かなかったら、拍子抜けしてしまうもの。世の中には意外と鈍感な男性も多いので、見極めが必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「作戦失敗!?好きな男性が予想以上に鈍感だったエピソード」をご紹介します。

  • 【1】「今日は帰りたくないな」と言ったら、「家庭環境悪いの?」と心配された

    「家に帰りたくないと誤解されました」(20代女性)というように、ずっと一緒にいたい気持ちを汲み取ってもらえないばかりか、家族仲を心配されるパターンです。ちょっとズレている男性には、ストレートに「一緒にいたい」と言わないと伝わらないかもしれません。