復縁をくり返すカップルが完全に別れることになったきっかけ9パターン

「喧嘩をしては大騒ぎして別れ、少し経てばお互い冷静になって元サヤに戻る」というのをくり返すカップルは少なくありません。そんな「腐れ縁カップル」にも、決定的な出来事があると、きっぱり別れを決意する瞬間が訪れてしまうようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「復縁をくり返すカップルが完全に別れることになったきっかけ」をご紹介します。

  • 【1】どちらかに、ほかに真剣に好きな人ができたから

    「お互い次の出会いがなかっただけで、誰かを見つけたらあっさりおしまいです」(20代女性)というように、片方に本命ができたために別れてしまったパターンです。「どうせいつもの浮気だろう」と高をくくっているうちに、それが本気に変わる可能性もあるので、気の多い彼氏と付き合っている人は覚悟が必要でしょう。
  • 【2】お互いに「こいつとは結婚まで行かないな」と悟ったから

    「年齢も年齢だし、不毛な関係を続けていても仕方ないなと諦めた」(20代女性)というように、このお付き合いでの結婚はないと悟ったために別れてしまったパターンです。25歳や30歳など区切りの年齢や、周囲の結婚ラッシュに見舞われると、こうしたムードになりやすいので、そのときは自分の正直な気持ちに耳を傾けましょう。