言えずに後悔…自分を振った彼氏に本当は伝えたかったこと9パターン

彼氏に別れを切り出されたら、誰でも平常心ではいられないもの。気が動転してひどい態度を取ったり、うっかり変な言葉をぶつけたりしたくなければ、先人達の「苦い経験」を心に留めておくといいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「言えずに後悔…自分を振った彼氏に本当は伝えたかったこと」をご紹介します。

  • 【1】「いっぱい笑わせてくれてありがとう」と感謝を伝えたかった

    「お礼を言えなかったのが、いまだに心残り」(20代女性)というように、感謝の気持ちを表せないまま別れて、後悔する人は多いようです。「伝えるチャンスは二度とないかも」と思えば、素直に「今までありがとう」と言えるのではないでしょうか。