同窓会でガッカリしてしまう「昔好きだった女子のトーク」9パターン

同窓会に参加したら、できれば「素敵な女性になった」と羨望の眼差しを向けられたいもの。身だしなみに気を使うのも大切ですが、口を開いた途端に「昔はかわいかったのに…」などと失望されないよう、会話にも細心の注意を払うべきかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「同窓会でガッカリしてしまう『昔好きだった女子のトーク』」をご紹介します。

  • 【1】地元をバカにしてんの?とカチンとくる「都会暮らしを鼻にかけた自慢話」

    「自分を勝ち組みたいに語ってて、むしろかっこ悪いと思った」(20代男性)というように、たとえ事実でも、都会での生活を嬉々として話すのは心証が悪いようです。「東京はどんな感じ?」などと聞かれたら答えるくらいで、ちょうどいいかもしれません。
  • 【2】あまりの下世話っぷりに耳を塞ぎたくなる「そこにいないメンバーの噂話」

    「噂の的になってる子と仲がよかったはずなのに…。百年の恋も冷めました」(20代男性)というように、同窓会で勃発しがちな「噂話」も危険でしょう。誰かが話し出したとしても、興味津々で身を乗り出すのではなく、涼しい顔で聞き流したいところです。