「彼女が僕の運命の人だ」と直感した理由5パターン

  • 【3】「数年後の同じ日に同じ場所でバッタリ会う」など、再会のタイミングが絶妙だったから

    「友達には『君の名は。』みたいだねってからかわれます」(10代男性)など、まるで映画のような「奇跡の再会」も、男性のときめきを誘うようです。用意周到に伏線を張ると実現可能ではあるので、ずっと想っている人を振り向かせたければ、数年越しの計画としてチャレンジするのもアリかもしれません。