「彼女が僕の運命の人だ」と直感した理由5パターン

「気が付いたらそばにいた」というようなしんみり温かい恋もいいですが、「運命」を確信して付き合い始めるというのもまた、ドラマティックで憧れるもの。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『彼女が僕の運命の人だ』と直感した理由」をご紹介します。

  • 【1】「一面の夕焼け」など、感動的なシーンに一緒に居合わせたから

    「雨上がりの虹に胸がいっぱいになった瞬間、そばにいた彼女に恋をしました」(10代男性)というように、感動的なシーンを一緒に味わうことで、相手の女性に「運命」を感じてしまうパターンです。いいなと思う男性をその気にさせたければ、夜景や星空など、ロマンティックな眺めを共有するシチュエーションを無理やり作るといいかもしれません。