かわいくて大好きだった彼女への気持ちが氷点下まで冷めた瞬間5パターン

彼氏との交際も順調で、これからもずっと幸せな日々が続くと信じていたのに、ある日突然、「もう終わりにしよう」と通告されたら心外でしょう。世の男性は、いったいどんなタイミングで「愛情が冷めた」と感じるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「かわいくて大好きだった彼女への気持ちが氷点下まで冷めた瞬間」をご紹介します。

  • 【1】友達との電話では、別人のように言葉遣いが悪いのを聞いてしまったとき

    「天然っぽくてかわいい彼女が『おまえクソかよ。一回死んでこい』と言うのを聞いて耳を疑った」(10代男性)など、彼氏の前ではせっかく猫をかぶっていたのに、真の姿がばれてガッカリされるパターンです。裏の顔を知られたくなければ、徹底して隠し通すか、交際が深まるにつれて正体を見せていくなどしないと、いずれ破綻するでしょう。