彼氏に結婚を意識させる「年越しデート中のほっこり発言」9パターン

大晦日ともなれば、普段はどんなに多忙なカップルでも、少しはのんびり過ごすことでしょう。そんなリラックスムードの中で、「毎年こんなふうに年を越せたら…」などと彼氏に思わせることができたら、プロポーズを受ける日も近いかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏に結婚を意識させる『年越しデート中のほっこり発言』」をご紹介します。

  • 【1】「今年も忙しかったね。本当にお疲れさま」と彼氏をねぎらう

    「応援してくれる彼女を大事にしなくては、と思った」(20代男性)というように、彼氏の努力を讃えて、「私は味方だよ」とアピールする方法です。「春は特に大変だったよね」などと具体的に踏み込んでみせると、日頃から見守っていることが伝わるでしょう。