彼氏のプライドをなるべく傷つけない「別れのセリフ」9パターン

「付き合うときよりも別れるときのほうが大変だ」とはよく言われます。別れの理由はなんにせよ、一度は好きになった相手であれば、むやみに傷つけあうことなく終わりにしたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏のプライドをなるべく傷つけない『別れのセリフ』」をご紹介します。

  • 【1】浮気でなければ誠意を感じてもらえる「ほかに好きな人ができました」

    「どうせなら、正直な気持ちを教えてもらったほうがいい」(20代男性)というように、自分の気持ちを包み隠すことなく、違う人を好きになってしまったことを伝えるパターンです。ただし、浮気をしていたと思われると話がこじれるので、まだ片想いであることを強調しましょう。
  • 【2】キャリア志向なら納得される「しばらく仕事に集中したいんです」

    「実際に正念場なのかなと思うし、彼女なりの優しさを感じます」(20代男性)というように、恋愛よりもキャリアを優先させたいと熱弁をふるって彼氏を納得させるパターンです。目の前の仕事が自分のその後のキャリアにどう生きるのか、具体的に説明できるといいかもしれません。