いい加減うざい!彼女の「仕事の愚痴」にイラッとした瞬間9パターン

  • 【7】そろそろ寝る時間なのにえんえんと愚痴が続いたとき

    「明日も早いから電話を切りたい…」(30代男性)というように、相手の都合も考えずに愚痴に付き合わせるパターンです。とはいえ「時間、大丈夫?」と切り出しても、相手が遠慮する場合もあるので、ここは自分から切り上げるいさぎよさが必要でしょう。
  • 【8】話が下手すぎて怒りや悲しみのポイントがまったくつかみきれないとき

    「話すたびに新事実が出てくるし、まず何が不満だったのかもわからない」(20代男性)というように、話下手で内容が伝わっていないパターンです。自覚のある人は、話を聞いてもらう前に、実際にあったことや感じたことを時系列で箇条書きしてみると、改善されるかもしれません。