そりゃねえよ!トラウマになった元カノの「別れの言葉」9パターン

  • 【9】言われなくても連絡したくない「もう二度と連絡しないでね」

    「ストーカー扱いされたみたいで辛かったです」(20代男性)というように、関係を断ち切りたいからといって、彼氏の存在自体を拒絶するのは失礼でしょう。「お互い、もう連絡しないでおこうね」などと、傷つけないような言葉を選びたいところです。

好きではなくなったからといって、冷たく本音を言い放つのは彼氏がかわいそうというもの。最後の言葉にも、思いやりを込めましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock