そりゃねえよ!トラウマになった元カノの「別れの言葉」9パターン

一般的に、付き合うときよりも別れるときのほうが数倍大変だといわれます。きっぱり別れるために、あえてキツめの言葉を選びたくなる気持ちもわかりますが、やりすぎると再起不能なほど相手を傷つけてしまうので、配慮は必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「そりゃねえよ!トラウマになった元カノの『別れの言葉』」をご紹介します。

  • 【1】最初に言ってよ!「断れなくて付き合っただけ」

    「マジで聞きたくなかった。好きで付き合っていると信じてた」(10代男性)というように、最初は押しに負けて交際を受け入れたのだとしても、それをわざわざ明かすのは酷でしょう。「ほかに気になる人ができた」などの言い訳を盾にしたほうが、まだ納得されやすいかもしれません。