初デートが台風で中止…また誘おう!と男性に思わせる一言9パターン

気になる男性にやっと声を掛けてもらったのに、タイミング悪く「デート当日に台風上陸」というのは意外によくある話です。そんなアンラッキーな事態にめげずに、改めてデートに誘ってもらうには、相手にどんな言葉を掛けるのが得策なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初デートが台風で中止…また誘おう!と男性に思わせる一言」をご紹介します。

  • 【1】「ほんとに残念…」と心の底からガッカリしてみせる

    「そんなに楽しみにしてくれてたんだ!と感激して、すぐ誘い直した」(20代男性)というように、やや大げさに落胆すると、「会いたい気持ち」が如実に伝わりそうです。ネガティブすぎると「面倒な女だ」と思われるおそれがあるので、慎重に言葉を選びましょう。
  • 【2】「やっぱり今から会いに行っちゃおうかな!」と待ち切れない様子を前面に出す

    「もう一回誘っても断られることはなさそう、と安心した」(10代男性)というように、「自分は会う気まんまんだ」とアピールして、尻込みする男性を後押しする方法です。相手が奥手な性格なら、それとなくリードして「誘い文句」を引き出しましょう。