「早まったかも…」と男性が婚約を後悔する理由9パターン

  • 【7】結婚式の準備をしてみて、金銭感覚の違いを痛感したから

    「貯金がないのに派手婚をしたがる姿を見て将来が不安に…」(20代男性)というように、金銭感覚の違いから婚約を後悔するケースです。金銭感覚ですり合わせが難しいようであれば、ファイナンシャルプランナーなどに相談し、プロの視点でジャッジしてもらうのもよいでしょう。
  • 【8】相手がケンカでは手が出るタイプで、いちいち大ごとになったから

    「物を投げてくる姿にドン引きして、共同生活が怖くなった」(30代男性)というように、夫婦ゲンカの修羅場を想像して萎えてしまう男性もいます。お互いの不満は話し合いで解決するといったルールを定めて、後に引けない大バトルは避けるようにしたいものです。