「早まったかも…」と男性が婚約を後悔する理由9パターン

  • 【5】彼女は家事がまったく苦手で、自分の負担増が明らかになったから

    「最初から掃除・洗濯を割り振られそうでムカッときた」(30代男性)というように、苦手だからといって必要なことを棚上げすると、彼氏の不満も増大していきそうです。「努力して腕を磨くから!」と向上心を口にして、幸せな家庭をイメージさせてあげましょう。
  • 【6】正直、相手の親がちょっと苦手なタイプだったから

    「婚約すると男女関係より、家族関係の付き合いが問題になる」(20代男性)というように、親や家族が重荷に感じられてしまうこともあります。離れたところに住居を構えたり、帰省タイミングを調整するなどして、無用のストレスを解消するように心がけましょう。