「早まったかも…」と男性が婚約を後悔する理由9パターン

婚約が成立しても、いざとなると後ろ向きに考えてしまう男性は多いもの。結婚というゴールにたどり着くためには、彼氏のためらいを解決してあげる気遣いが必要かもしれません。そこで今回は、20代から30代の男性に聞いたアンケートを参考に「『早まったかも…』と男性が婚約を後悔する理由」をご紹介します。

  • 【1】趣味に割ける時間が目に見えて減りそうなことに気づいたから

    「土日を家族のために使わなきゃいけないと気づいたら、しんどいと思った」(20代男性)というように、自由な時間が減ることを予感して、勝手に追い詰められているパターンです。この手の彼氏には、早い段階で「結婚しても自分の時間を大事にしようね」などと声を掛けておくのが無難でしょう。