「ここまでされると怖い」と思わず警戒した彼女の愛情表現5パターン

彼氏のことが好きすぎて、あふれんばかりの気持ちを持て余してしまった経験のある人は多いでしょう。とはいえ、何事も「やりすぎ」は禁物なので、程度はわきまえたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『ここまでされると怖い』と思わず警戒した彼女の愛情表現」をご紹介します。

  • 【1】アポなしで学校や会社の最寄り駅に来て待ち伏せされる

    「待ち伏せとかストーカーかよ!と思います」(10代男性)というように、彼氏の通りそうな場所をじっと張っていて不気味がられるパターンです。サプライズのつもりでも、心の準備ができていない相手には歓迎されないかもしれないので、「顔が見たいから近くまで行ってもいい?」と先に一声掛けたいところです。